口座をつくらないでお金を借りる方法

口座が無くても借りれるカードローンを探していますか?

 

あります!
できます!

 

カードローン,口座なくても,銀行

 

お金を借りる先は銀行にこだわっていますか?

 

だったら、 三菱東京UFJ銀行カードローンなら、口座をもっていなくても、新たに作らなくても利用できるのでおすすめです。

 

金利も安心金利ですからね。

 

消費者金融と比較すると安いと思います。

 

あと、僕が調べたところでは、他の銀行はほとんど口座が必要でした。

 

最大手のみずほ銀行カードローンも口座が必要ですが、カードローンの申し込みと開設手続きが同時にできるので、即日融資は無理ですが、わりと早いと思います。

 

つまり銀行のカードローンに限定するなら、その銀行は口座を作ったり、もっていることが条件になるということです。

 

返済する時に、その銀行口座からお金を引き落とすってことですね。

 

全国対応の大手都市銀行がそうなので、地方銀行で口座開設不要のカードローンはみかけません。

 

それからもうひとつの方法。

 

それは、消費者金融のキャッシングです。

 

これは、借りる人に対して、限度額という枠内で自由な金額を引き出しできるという借り方です。

 

一番おすすめはプロミスです。

 

プロミスなら『カードの発行なし』を選択してカードレスで借り入れが可能です。

プロミスの申し込みはこちら

プロミスキャンペーン! 新規契約で2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえる!

 

プロミス以外の消費者金融系カードローンなら、アコムがおすすめです。専用のカードは発行されますが、「振込融資」にしてもらえば、自分のいま持っている銀行の口座に振り込んでもらえるので、銀行のキャッシュカードで引き出しできますよ。

 

カードが郵送される封筒には消費者金融の名前は入っていませんので、人にバレることはありません。

 

これなら自分の口座にあるお金と同じ使い方ができます。

 

それに、カードの郵送を待っている必要もありません。

 

家にカードが届かないようにしたいなら、 アイフルなら、カードの配達時間も指定できるので、家の人が留守で自分だけがいる時間帯に指定もできます。

 

振り込み融資の手続きは、会員専用のサイトで申し込みするか、電話で言えばやってくれるので、店舗に行く必要もないし、印鑑も不要です。

 

それから、 モビットは、WEB完結申し込みという方法があって、これはカードが発行されません。

 

これは、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座がある人で、全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)か組合保険証を持っている人が利用できます。

 

モビットは銀行ではありませんが、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座が持っている人にはとくにおすすめですね。

 

こんな風にみていくと、お金を借りたいけど銀行口座がなくていいところがいい・・・という人には、普通に消費者金融が以外と使い勝手がいいと思います。

振込融資が利用できる消費者金融

プロミス

最短1時間融資24時間振り込みできる瞬フリが人気です。
30日間無利息もあります。(詳しくはプロミス公式サイトで)
プロミス公式サイトへ

 

アコム

最短1時間融資が可能で、振り込み融資も可能です。
アコム公式サイトへ

 

モビット

モビット

WEB完結なら郵送なし、電話なし。
カード発行なしで利用できます。
モビット公式サイトへ

 

アイフル

カードの受け取り時間を指定できる安心感があります。
即日融資にも対応していて、急いでいても大丈夫。
アイフル公式サイトへ

 

銀行ならココがいい

 

お金がピンチな人のために、僕のおすすめの節約方法を伝授!

お金を借りる自体になったら、まずは借りると同時に、日頃の生活日の節約もはじめましょう。

 

そうしたら、返済もはやく済みます。

 

カードローンの利息は借りた日数で計算されるので、すぐに返済する(=借りている期間が短い)ことは、利息を少なくするコツなんです。

 

ですから、お金を貯めたいときはもちろん、お金がなくてピンチのとき、お金をなるべく使わずに節約しましょう。

 

でも、『何に一番お金をかけないようにするか』というところは、個人の価値観が大きく出るような気がします。

 

ヘビースモーカーの人は普段タバコ代にお金をかけていますが、お金を節約したいと思ったとき、「タバコを吸うのを止めよう」という節約方法は取りません。

 

嗜好品なので、無くても生活には困らないはずですが、恐らくできません(私はタバコを吸わないので断言できませんが)。

 

ヘビースモーカーの人にとって、タバコは『自分が削ってもいいと思うもの』のカテゴリーに分類されるのではなく、『生活になくてはならないもの』として捉えているように見えます。

 

タバコだけでなく、他のものでも『生活になくてはならないもの』に頭の中で分類しているものはたくさんあります。

 

外見にこだわる女性にとっての化粧品代や、食べることが大好きな人にとっての外食代、バンドの追っかけをしている人にとってのコンサート代など、譲れないところというのは人によって実に様々です。

 

ちなみに、私の場合は服や食べ物は節約できますが、マッサージやヘッドスパ等のリラクゼーションにはお金をかけてしまいます。

 

他人から見れば全く必要ないところだろうと思いますが、これがないとストレスの解消ができないのです。

 

お金がなくて切羽詰まっているときは別として、自分の『なくてはならないもの』以外のところで節約を考えると、ストレスも溜まらず、節約も長続きできると思いますよ!

 

↓カードレスならプロミス↓

 

振込融資が利用できる消費者金融をみる